お久しぶりの更新です

大変お久しぶりの更新となってしましました。

 

色々と前に進むため動いていて、なかなか更新ができない日々でした。

ただ、掲げた目標のスタートラインに立つことが、まずできたので

本日から少しづつブログを再開できればと思います。

 

 

思考整理に読書は必要

2014年に「考え方」に注目し

読書のカテゴリーのメインとなりました。

 

様々なビジネスで成功されている現代人

アインシュタインを始めとした偉人

引き寄せの法則など色んなことを知った2014年。

 

考え方を変えると、ここまで毎日が楽しく充実するのだと

知りました。

 

2014年は人生で最もアクティブで最高の1年となりました。

 

それと比べ昨年2016年は様々なことがあった年。

習慣としていた考え方の読書の時間の確保が難しくなった年。

 

最近、再度少しずつ「考え方」の読書を再開して

改めて大切さに気づきます。

 

自分自身の思い込みで頭の中を占拠されないためにも

大切な習慣です。

 

今年は再度、札幌に拠点を戻す目標の年。

 

思考は現実化する。

 

考え方

 

大切にしていきます。

「感謝」で思考は現実になる

このシリーズは前作2作とも読んでいます

 

今回は第3弾。

 

よりわかりやすく、より科学的です。

 

最近、とくに眠りの前に読みますが、思考の矯正にとても役に立ちます。

 

生活習慣と同じように思考習慣も大事にしています。

まだまだ思考に関しては、未熟なので、日々トレーニングですね。

 

毎日気分よく過ごす。

人生のテーマです。

 

今日は眠りの前ではなくStarbucksでこの本を読書します。(^^)

 

 

「感謝」で思考は現実になる

「感謝」で思考は現実になる

 

 

幸福度ランキング

今年も幸福度ランキングが発表されました

 

1位 ノルウェー

2位 デンマーク

3位 アイスランド

4位 スイス

5位 フィンランド

 

デンマークフィンランドは文化、働き方、ライフスタイルに

興味があり、色々調べている国でやはり良い国と再認識。

 

ブログ読んでいただいている方で、

このような国にお住まいの方はいらっしゃいますか?(^^)

 

社会福祉、自由さ、働き方すべてが最高の国々です。

 

この幸福度ランキング。

色んなメディアで大きく取り上げていただきたいです。

 

働き方など、この先向かう方向性として良い比較になります。

日本だけの枠で考えず、もっとこれらの国を多くの人々が知ることで

価値観、考え方が大きく変わる原動力になると思います。

 

デンマークにはHygge(ヒュッゲ)という言葉があるようです。

 

自分自身の価値観、考え方をもち、

自分自身のライフスタイルを大切にしているからこそ

他の人達を感謝したり思いやりをもつことができる。

 

スゴく良い言葉です。

 

働き方よりも生き方がより重視されている

生き方を大切にする文化があるから

当然、働き方も良いものとなる。

 

そして未来の社会福祉も充実。

 

なんか気持ちがいいです。

明るい楽しい日々。

 

そんな空気感。

そんな空間欲がみたされる毎日。

 

今に必要な文化だと思います。

働き方 もっと外国と比較すべきではないか

働き方

もはや日本の発想で考えても

うまく進まないと感じます

 

なぜフランス、ドイツなど外国との比較で

事を進める風潮にならないのでしょうか

 

日本では、フランスのようにランチの休憩が2時間

なんて100年経ってもそんな働き方にならない気がします。

 

家族のために早く帰る

美味しい夕食を食べるために帰ります

帰るというより、もうそれが当たり前。

 

そんな外国のような働き方の発想は今の日本にはありません。

 

むしろ悪徳とみなしています。

 

豊かな暮らし方でも労働生産性が高い国があります。

 

スウェーデンでは、税金が高くても福祉がしっかりしている

老後の心配はありません。

 

おそらく、税金は高くても、将来の保証がしっかりしている分、

「今」を存分に楽しめる日々があるのでしょう。

 

将来が、将来が、だからそのために働く。

そして、今という時間を犠牲にする。

 

少しずつ、最近は働き方の動きがでてきてはいます。

ただ、いつも何か問題が起きてから、動くイメージがあります。

 

問題が起きたら動くでは、問題が起きなければ動かない。

そうするとまた、すぐに動きが止まるのではないのでしょうか。

 

仕事に対する考え方、価値観が外国と比べると

だいぶ違うところが多いと感じます。

 

当然、どちらが良い悪いとは言えませんし、判断するものではないのかも

しれません。

 

ただ、知らない人もいることは事実。

もっと、わかるためにも分けること。

比較することで見える発想がある気がします。

 

顧客満足はあっても労働者満足がない気がします。

顧客も自分の仕事中は労働者です。

顧客のときの時間より労働する時間の方が人生で圧倒的。

顧客満足も良いですが、労働者満足をあげる動きがあって良いはずです。

 

 

さとうみつろう氏 ブログ再開

さとうみつろう さん

私が「考え方」がいかに大事か

物事の見方がいかに大切か

1番大きな影響を受けた方。

 

3ヶ月間ブログその他活動全てを休まれていましたが

今日から再開しています

 

また毎朝ブログを見るのが楽しみです(^^)

本当にパワーがある方。

 

さとうみつろうさんを知ったキッカケとなった本。

ものすごくオススメです。

 

 

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

 

 

 

空間欲 朝の神社散歩

今日は朝6時に

神社散歩をしてきました。

 

以前住んでいた札幌では近くに神社があり

毎朝散歩で寄る習慣がありました。

 

今の住まいでは近くに神社がないのです。

 

でも、やはり朝の神社散歩の素晴らしさを知っている以上

少し遠くても、いや遠いからこそ、

朝に神社に散歩をいくことが良いんじゃないのかな。

 

ということで、朝起きてすぐに向かいました笑

 

なぜ朝の神社の散歩が良いのか

 

そこですれ違う人々がすごい人達ばかりです。

 

朝、神社に来ている方は、まず間違いなく

毎朝神社にくることを「習慣」としている人たちです。

 

そして、かなりの確率でお互い「おはようございます」と

挨拶を交わします。

 

私は久しぶりの朝神社でしたので

今日は、絶対に自分から先に挨拶しようと

力んでいきました笑

 

やられました笑

挨拶は確かにさきにすることができました。

 

ただ相手の「おはようございます」が

凄い覇気があって、エネルギーがものすごいある

「おはようございます」で返ってきます。

 

あー、おじいちゃんが向こうから歩いてくる

よし、先にこちらから挨拶するぞ!

 

「おはようございます」。。。

すると、そのおじいちゃん、

私が想像した「おはようございます」ではないんです。

 

もうパワーが凄い。

ハキハキして、そして洗練されている。

そんな発声です。

 

挨拶することが当たり前、

挨拶することの意味を全てわかっているのです。

習慣となっているのです。

 

これは、朝、神社にいくことで気づく

集まる人々のエネルギーの高さを感じる瞬間です。

 

朝の神社は日の出くらいの早朝が1番です。

全然、空気が違います

集まる人々が違います。

 

空間欲を満たす最高の場所です。